2014年11月13日

Double Invitation 終演、そして、、、!!

えー
めっちゃ遅い話しですが、9月の公演「Double Invitation-或は、招かれなかった者たちの宴-」
にご来場頂いたみなさま、支えて下さったスタッフのみなさま、出演者のみんな!本当にどうもありがとうございました!!
WinD_2662.jpg

11月に入ってというこのタイムラグをお許し下さい。
本当今更ですね^^;
Facebookに色々書いたのでこちらのブログがどうも不精になってしまいます。
でもこうやって沢山書ける場なので続けて行きたいと思っています。

たった一日の公演のために3ヶ月クリーエーションし、稽古し、泣く泣く削ったりたり、追加したりと、休む間なく臨んだ公演、忘れられないものとなりました。
されど大事な一日です。
たくさんの方にお越し頂き本当に嬉しかった。
頼りがいのあるスタッフの皆さんなしには語れず、出演者の根性と優しさがなければあり得ない公演でした。
ものすごくいい仲間に巡りあえた事感謝です。

WinD_0610.jpg

ダンサーがひとりマチネで肉離れになるという大パニックと沢山の変更を余儀なくされたけども、
さすが場数を踏んでるみなさま十二分にやりきました。
でもやりきったけどもまだまだやりきりたい思い、もっと行けるぜという思い、
この作品をもっとたくさんの方に見てほしいという思いが重なり再演を考えておりました。

そして、つ、ついに、、、、

再演決定!!!

し、しかも福岡です!!!!!

私の故郷。

私が22年間親しんだ地。

初めての凱旋公演となります。

自分の作品を、天神の、あのど真ん中の、西鉄ホールで、大好きなみんなと、大好きな地元のみんなに見てもらえる。
興奮が覚めやりませぬ。

もっともっと作品をブラッシュアップして福岡へ飛んでいきます!!
Double Invitation宣伝.jpg
posted by ほーりー at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

HOLIDAYS公演 in 吉祥寺シアター

Holidays.jpgHolidays_裏.jpg
いよいよあと2週間となりました!
Holidays吉祥寺シアター公演!!
吉祥寺シアターは私が単独公演をずっとやってみたくて、今回夢が一つ叶います。
ただやはりその道は険しく四苦八苦しながら公演に臨みます。いろんな方の支えがあってやっと実現しそうです。
リハもどんどん熱を帯びてきました。
今回はなんと!短編映画も上映致します。初の試みです。今まで作品と一味違う、かつてないものが出来上がるかと思います。
オリジナルの芝居・ダンス・映像・音楽・美術が織り成す男と女の物語
ぜひぜひたくさんの方に観て頂きたい。

ご予約お待ちしております。

携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] 給与計算アウトソーシング
ファイル転送 無料
IKEA(イケア)通販
シストレ初心者


2014-09-06 20.59.15.jpg

http://holidays.if.land.to
Holidays
吉祥寺シアター公演
Double Invitation
〜或は、招かれなかった者たちの宴〜
招かれた男と女、招かれなかった女と男
彼らはどうやってそこに辿り着き、どうやって去っていくのだろうか
二つの物語と二人の物語

日時
2014年9月23日(火・祝)
13:30開演
18:00開演
※全2回公演
※開場は開演の30分前、受付は開演の1時間前

チケット
前売3000円 当日3500円

場所
吉祥寺シアター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目33番22号
(JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅北口下車徒歩5分)
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/

チケット予約・お問い合わせ:
Phone : 080-3435-9971(Holidays)
E-MAIL : theholidays2011@yahoo.co.jp
URL : http://holidays.if.land.to

演出・構成・脚本・振付
深堀絵梨

出演
東海林靖志
うえだななこ
吉橋 航也(劇団東京乾電池)
高岡 優貴
佐藤 珠江
深堀 絵梨

映像出演
太田順子、土屋裕樹、山本ゆめ、中村真綾、林摩耶、今田直樹、星野琴美、島守杏介、伊東祐輔、屋根三郎

音楽 碇英記
映像 松村真吾
空間デザイン 平野雄介
衣装 Kaori
写真 大洞博靖
舞台監督 島守杏介
音響 柏環樹(T's sound)
照明 RISE
宣伝美術 角田裕磨
撮影 たきしまひろよし(PLASTIC RAINS)
ウェブサイト 伊東祐輔
協力 総合学園ヒューマンアカデミー デザインカレッジ
   株式会社シーエイチピー
制作 木村恭子 太田順子
posted by ほーりー at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

鹿鳴館

オペラ鹿鳴館無事終わりました。
10453321_10152530894750970_6898721906024907305_n.jpg初めてのオペラ出演でした。
私はダンサーとしてですが。

今回は、オペラってどんな演出するのかな?どうやって創り上げるのかな?
という好奇心からのオーディションからの応募でした。

やはりさすが新国立劇場。
色々と勉強させて頂きました。
10373700_10152508022195970_5491724540523040219_n.jpg

やっぱり、劇団で裏方にまわる事が多い分スタッフワークが気になります。
それぞれがその道のプロなのでしょう。
私はスタッフさんカッコイイといつも思っちゃうのです。
そのスタッフの数たるや・・・想像超える人数でした。
ちゃんと数えてはないのですが、50人くらいはいそうな勢い。
たくさんいすぎてよくわかんなくなるほどでした。
こんなにたくさんの人が支えてるのかとある意味感動しました。
そして恵まれてるなとうらやましく思いました。
スタッフ費用がこんなにかかって、美術費やさらに50人程の出演者費用とを賄って公演が成立するんだということも考えてしまいますね、どうしても。頭の中で電卓たたきました。
すごいな〜
比べることではないけども、どうやってHolidaysはやっていこうか、それもやっぱ考えちゃいますね。
もちろん乾電池のことも考えました。
が、結論はいまのところでてません。

今回私は和服でした〜
初の和服で踊り全力失踪するという^^;
貴重な経験ですわ。

演出家ってとっても気になります。
オペラだけどお芝居のほうの演出家の鵜山さん(文学座)という方で今まで作品見た事がなかったのですがとっても見たくなりました。
来月さっそく行ってみようと思います。
考えなどはとても興味深く、ダメだしなんかはいつも食いついて聞いていましたが、
やっぱりでてると作品全体は見えてこないし、特に稽古場でも自分が出てないシーンを見るのがなかなか難しかったんできちんと客席で見てみたなと。

そういえばピーピングトムもそうだったな。
あれも観に行ってよかった。

色んなideaに触れられた3週間。
この経験活かして行きます。
7月からはHolidays!!
気合いいれて行きますヨ!
posted by ほーりー at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。